銀行カードローンで申し込み

銀行系カードローンの特徴

1

銀行カードローンは、ここ近年で大手だけでなく地銀でも取り扱うようになってきています。これまでは、フリーローン商品は消費者金融というイメージが強かったのですが、各行で独自に個人向け融資としてローン商品を取り扱うようになってきています。特徴としては、低金利で利用ができて限度額も大きいことにあります。それから、ローン商品に申し込みをしますので普通預金口座を開設しなければならないといったことはなく、カードが発行されますのでATMでそのカードを使って返済と融資ができます。

銀行系カードローンは収入証明書が不要

そのほかの特徴としては、原則収入証明書がいらいないことにあります。源泉徴収票を準備しなければならない、いざお金を借りようと思ったらどこにしまっておいたか忘れてしまった、妻が管理しているので気軽に持ち出すことができず、仮に持ち出そうものなら何に使うか問い詰められて口が裂けても借金したいからとは言い出せないといったご家庭もあります。会社に再発行をお願いするといっても再発行まで時間がかかって、そんなに待つことができないといった事情もあります。

銀行系カードローンは総量規制対象外のローンです

、銀行カードローンは総量規制対象外のローンですので収入証明書は不要で申し込みできるのです。仮に必要になったとしても300万円からといった高額限度額を必要とする場合に提出が必要となるだけですので、そこまでの限度額が不要であれば基本準備をしなくても申し込みができるのです。ここ最近では、申し込み手続きも郵送ではなくwebで契約手続きができる銀行も増えてきましたので、消費者金融並みの手続きの早さで融資を受けることができるようになっています。借りるのであれば、金利が低いにこしたことがないです。