個人向け無担保融資カードローン

カードローンは信用が重要

カードローンは、担保を付けないでお金を融資することになりますので、個人の信用が重要になるローンです。誰でもお金を借りられるローンとは違い、審査がありますので、気軽に借りられるローンではありません。しかし、定職に就いていて、安定した収入がある人なら申し込み可能です。最近は、専業主婦や学生でも限度額10万円のカードローンができました。

カードローンの特徴

カードローンの特徴は、お金の使い道が限定されないフリーローンの仲間で、何に使っても構いませんが、金利は高めに設定されています。限度額内で自由に何度でも借りたり返したりできるのも特徴です。限度額内であれば何度でも、いくらでも自由にお金を引き出せるということは、ローンに対して借金の感覚が薄れてしまうという不安があります。借りている限り借金ですから、使い道を決めて計画的に利用し、利用残高ゼロの状態に戻しておく必要があります。

カードローンの返済方法

返済方法は色々ありますが、残高スライドリボルビング方式が多いです。月々の返済金額が一定のリボルビング払い(リボ払い)に、借りている金額の残高にあわせて返済金額が変わる仕組みです。これは、お金を借りる額が少なくなると返済金額も少なくなり、返済が楽になるように見えますが違います。返済額が少ないということは、元金への返済も少ないということです。なかなか借入残高が減っていきません。ただし、お金がない時は最小限を支払い、まとまったお金ができたら繰上げ返済(毎月決められた返済額と一緒に借入金の一部を返済すること)をして、なるべく早く元金を減らしていく方法があります。金融機関を選ぶ時は、月々の返済額を変えられるか、手軽に返済額を増やせるかというところに注意して選ぶことが必要です。